*~Au Petit Bonheur La Chance~*

2008年より日本の西の果てでプリザーブドフラワーの花教室開講中♪庭時々、猫出没♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

*~シャンパーヌ地方 ランス~*

10月20日木曜日
木曜日に大手の現地ツアーの
ランスへのツアーがないと思ってたら
友人が検索で探してくれました!
Traveloco
さとかさん
昨晩のアタフタがあり
ホテルへのお迎えも遅めに
設定してくださいました

c-1.jpg
ちょっとばかし・・長くなります



応援お願いします

にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ
にほんブログ村

↓をクリック、
この教室いいね!をクリックお願いします
フラワー教室・フラワースクール専門情報サイト「はななび」




ホテルまでご自分の車でお迎えしてもらい
2人だけのプライベートツアー
シャンパーニュ地方の村と葡萄畑
c-2_20161113102325b2e.jpg

モエ・シャンドンの葡萄畑
一番下の画像は 葡萄の搾絞場所
c-2a.jpg 
ブーブクリコの居城
(ロワール地方の城をモチーフにしてるらしい)
c-3.jpg


ドン・ペリニヨン
オーヴィレール教会
このすぐ隣にドンペリニヨンが居住した修道院
墓には
”全能の主よ ここにドン・ペトルス・ペリニヨン眠る。
47年にわたりこの修道院の酒庫責任者(セラリウス)を勤め、
卓越した指揮により貢献した。
司祭として豊かな徳で信者を導き、特に弱者を愛した。
享年77歳 1715年 安らかに眠らんことをアーメン”
と刻まれてます
Abbaye Saint-Pierre d'Hautvillers
HP : https://www.tripadvisor.fr/
Rue de l'Abbaye, 51160 Hautvillers, France
c-4.jpg

かなり速足で・・
ここまでもシャンパンがワインから
なぜ発泡酒になったかなどの
蘊蓄も満載の案内ありなんですが
覚えてる事も書いちゃうと
長くなりますので、画像だけお楽しみ頂ければ

葡萄畑から一路
ランスへ
サン・レミ聖堂(世界遺産)
フランク王国の国王クローヴィスに洗礼を授けた
聖レミの遺体を安置するベネディクト派の教会
Place Chanoine Ladame 51100, Reims
stremi-reims.cef.fr/
画像上の彫像が並んでるのが
遺体が安置されてる場所
c-5.jpg
↑実はランスのノートルダム寺院よりは大戦での被害が少なく
建立当時は残ってるらしい
c-6.jpg

ランチは
さとかさんが予約して下さってた
Cafe de Palais
14 Place Myron Herrick, 51100 Reims, フランス
ここで、表紙のシャンパンの画像に(^^♪
シャンパンの中でも
ここはプレミアグリュ
私はフォアグラのパスタがメイン
シャンパンで酔ってしまい、
グラス割っちゃいましたが
中身がホワイトの場合は
縁起がいいということで
許してもらいました~
c-11.jpg
友人の鴨が一番美味しかったかも!!
ロンドン、パリ旅で一番のランチだった=
やっぱ、現地の人と行くといいのね~
c-12.jpg


ほろ酔い気分
ランス大聖堂
人の大きさと比較しても
相当大きく、画像に収まりきれません;; 
c-7.jpg

この聖堂を有名にしたのは、
歴代のフランス国王が戴冠式を行い
あのジャンヌ・ダルクが
シャルル7世の戴冠へ導いたことで
殊に有名
c-8.jpg

また2度の大戦で大破したステンドグラスを
↓シャガールなどの作家が新しく作った
c-8a.jpg

c-8d.jpg

c-8c.jpg

c-8b.jpg

もっと素晴らしい画像はこちらでご覧下さい

もうここで4時近くになり、
早足で、車に向かうも
ここに立ち寄る?っとなり
Fossier
シャンパンやワインに浸して食する
ビスケで有名だけど~。
c-9.jpg
ビスケットは、お正月 
シャンパンをいただく折に取っといてるので
チョコが美味しかった=と母に絶賛され
もっと買っておけばよかったかな
コルク型のチョコ
シャンパンを作った後のお酒が入ってる~♪

c-10.jpg

次の日のボンマルシェでも
ビスケットはあったけど
チョコは無かった;;


フジタの礼拝堂
33 Rue du Champ de Mars, 51100 Reims, France
公式サイト
中は撮影禁止だったのですが、
こちらご覧下さい
シャンパンのマム社の隣ひひっそりと佇んで
大手ツアーでもここのカーブは訪れますが
是非とも、フジタの礼拝堂は行くべき!
大聖堂よりもその佇まいと
フジタの絵画で癒されます
c-13.jpg


その後、パリまでは2時間程で着くはずが
パリ市内の相当な渋滞で
オペラ座周辺で下してもらいました♪
あ=、地方っていいな~♪
またもし、パリに来ることがあっても
田舎巡りした~い
 ドイツに近いアルザス行って観たい
という想いで・・これにて20日は終了
スポンサーサイト



| *~2016 London Paris~* | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ateliermuguet.blog17.fc2.com/tb.php/685-ed94fb9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT